市販されている化粧水の比較

普段しっかりスキンケアをしているつもりでも、化粧水や乳液などの洗顔後のスキンケアを疎かにしていたり、肌トラブルにあっていないスキンケア化粧品を利用していると、かえって肌トラブルが悪化してしまう可能性があります。

特に年齢を重ねた素肌は肌の水分量が減りやすくなり、シワやくすみ、毛穴開きなどの加齢トラブルが目立ちやすくなります。そこで自分の肌トラブルに合わせたスキンケアを行うためにも、きちんと化粧水の成分や美容効果を比較して自分にピッタリのスキンケアアイテムを見つけることが重要になります。

洗顔後に使用する化粧水には、様々なブランドの製品を比較すると保湿効果の高いしっとりタイプと、夏でもさっぱり使用することが出来るさっぱりタイプの二種類があり、季節や肌質によって使い分ける必要が出てきます。比較した二種類の中でも、保湿成分が豊富に含まれているしっとりタイプの化粧水には、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった保湿効果の高い美容成分が配合されています。

実際にドラッグストアでも手軽に購入できるプチプラスキンケア化粧品が豊富にありますが、価格が安い物と高い物を比較してみると、大きな違いとして保湿成分が分子量をミクロ化しているか、していないかが挙げられます。せっかくの保湿成分も分子量が大きなままでは、肌内部の角質まで潤いが浸透しにくいため年齢肌が気になるという方は特に保湿成分の分子量をナノ化、ミクロ化している化粧水が人気になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です